仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』虫が嫌がるニオイのアロマオイルについて調べてみた - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.128は8月15日(水)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    CLUB ARROW

    橘 千夏

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    プライベートレッスン

    ユン

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:ジント兄さん

    虫が嫌がるニオイのアロマオイルについて調べてみた

    カテゴリ:動物

    2014-07-08

    はじめに

    ジント兄さんです。夏になると虫の発生が多くなってきます。筆者は虫は好きではありません。筆者が仕事をしているオフィスには、Gのつく虫が出ます。嫌ですね。何とか虫除けをしたいですが、かといって、殺虫剤の使用によって人体の安全が脅かされるのも好ましくありません。そこで今回は、虫が嫌いなニオイを出すアロマオイルについて探ってみました。

    ※アロマオイルの使用によって、小さな赤ちゃん、妊婦、持病のある人、ペットなどがいる時には害があるかどうかチェックした方がいいです。この記事ではこれらに言及しません。

    蜂はニオイに寄ってくるので注意

    虫と一言で言っても、虫には様々な種類があります。「このアロマオイルは虫除けに効果がありますよー。」と書いてあるページを見て、ああ、そうなんだと鵜呑みにできるほど物事は単純ではありません。特に厄介なのが、蜂です。ダニや蚊やハエやゴキブリやカメムシが嫌うアロマオイルの成分も、蜂には通用しないどころか、逆に蜂を招いてしまったりします。

    蜂を考慮しないなら、有効なアロマオイルの情報を探すのは簡単です。「アロマ 虫除け」で検索すれば沢山出てくるから、参照すればいいと思いますよ(投げやり)!

    ……検索してくださいじゃあんまりなので、名前をいくつか挙げておくと、シトロネラゼラニウムレモングラスあたりが、虫除け効果があるということでよく挙げられるようです。シトロネラとレモングラスは近縁種です。これらの近縁種は他にはパルマローザというのがあります。種(しゅ)が近ければアロマオイルの成分も似てくるでしょうから、種に注目して体系的に知識を集めるのも面白いかもしれませんね。

    蜂は何を嫌がるの?

    蜂が嫌う成分を調べても、筆者は残念ながら決定的と思えるようなものを見つけることができませんでした。その中で、最も有力かなと思ったのは、シネオールという成分。死ねALL?ドラクエのザラキの呪文みたいですね。それはさておき、シネオールは別名ユーカリプトールと言い、その名前のとおり、ユーカリに沢山含まれています。ユーカリの他には、ローズマリーにも沢山含まれています。

    シネオールの他には、蜂除けにはペパーミントという記述をよく見かけました。ということはやっぱり、メントールというスースーするやつが有効成分なのでしょうか。

    シネオールについての補足

    シタバチという種類の蜂はシネオールに寄ってくるようです。しかし熱帯に生息する種なので、日本国内では考えなくていいかな、と思いました。

    結局のところ一番大事なのは……

    Don't put the cart before the horse.

    いくら虫除けに効き目があるからといっても、そのニオイが自分の好みじゃなければ、虫を除けて快適な時間を過ごすという根底にある目的が達成できなくなってしまいます。自分が好きなニオイかどうかが一番大事ではないでしょうか。アロマオイルの効能は虫除けだけじゃないし。

    アロマオイルの使い方

    この記事を書こうと思う前は、ロウソクの火で皿のアロマオイルを熱して成分を飛ばすアロマポットしか知らなかったのですが、ロウソクではなくて電気式のものがあったり、そもそもアロマオイルをあたためるのではなく、超音波振動でミスト状にして飛ばすアロマディフューザーというものがあったり、アロマオイルの入ったビンにさして使う棒状のリードディフューザーというものがあったり、色々あるようです。これらの道具にこだわりだすと、キリがなさそうです……。

    油は水に溶けませんが、エタノールには溶けます。薬局などに無水エタノールという、度数ほぼ100パーセントのエタノールがあるので、これにアロマオイルを溶かしたものをさらに水で薄めて、アロマスプレーを作るのもいいですね。

    アロマディフューザーはどれを使ったらいいの?

    どのアロマディフューザーがいいか迷う人は、連続稼働時間がどのくらいか、音が静かかどうか、手入れが簡単かどうかを選ぶ基準にすればいいと思います。筆者は以下のサイトが有用そうに思いました。

    まとめ

    • 蜂を考慮しない虫除けなら、シトロネラ、ゼラニウム、レモングラス。
    • 蜂も考慮する虫除けなら(断言はできないけれども)、ユーカリ、ローズマリー、ペパーミント。
    • 結局は好みのニオイかどうかの方が大事(だと思った)。
    • 電源があるところでは、超音波式のアロマディフューザー、そうでなければリードディフューザーを使う。

    この記事で挙げたアロマオイルを実際に使ってみてどんなニオイなのかとかも書きたかったのですが、アロマオイルひとつ1000円くらいします。筆者は今月金欠なので諦めました。

    おまけ(体系化できなかった項目)

    虫除けのアロマオイルについてもっと詳しく知りたいと思うのであれば、以下に書くことも調べものをする時の土台として有用かもしれません。

    似たような名前について

    似たような名前の成分、たとえば、ゲラニアールゲラニオールシトロネラールシトロネロールネラールネロール。これらはそれぞれ別物。バイオリンとヴァイオリンのように意味は同じだけど表記が違う、いわゆる表記の揺れというやつではありません。混同しないように注意です。

    シトロネラについて

    この記事でシトロネラという名前を挙げましたが、シトロネラには種類があります。主にセイロン種とジャワ種です。ジャワ種は虫が嫌がるニオイの成分、ゲラニオールとシトロネラールの含有量がどちらもセイロン種より多いです。

    シトラールについて

    虫除けのアロマオイルについて調べているとよく見かけるシトラールという成分。レモングラスに多く含まれているそうですが、シトラールには2種類あります。ゲラニアールとネラールです。どちらも、分子式(たとえば水がH2O、二酸化炭素がCO2)は同じC10H16Oです。なのでどちらも炭素原子10個水素原子16個酸素原子1個がつながった分子です。しかし、そのつながり方がゲラニアールとネラールではビミョーに違います。ニオイもちょっと違います。アロマオイルの成分にシトラールと書いていても、それだけではゲラニオールが多いのがネラールが多いのかは分かりません。これによって虫除けの効果も違ってくるかもしれません。

    オレンジの木からとれるアロマオイルについて

    オレンジの木には大きく分けて二つの種類があります。スイートオレンジとビターオレンジです。果実だけではなく、他の部分からも違うアロマオイルが抽出されます。花から抽出されたものはネロリといいます。葉や枝から抽出されたものはプチグレンといいます。これらも虫除けのアロマオイルを調べてくるとちょくちょく名前が出てきます。