仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』夏と言えば!!『スイカ』 【おまけ編】 - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.128は8月15日(水)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    CLUB ARROW

    橘 千夏

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    プライベートレッスン

    ユン

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:マーシ

    夏と言えば!!『スイカ』 【おまけ編】

    カテゴリ:食べ物

    2014-07-26

       こんにちは、マーシです。

    前回『スイカ』の記事を書きましたが、

    まだ書き足りないことがあったので

    スイカ記事のおまけ編として紹介していこうと思います。

    前回の記事 ⇒ 夏と言えば!!『スイカ』

    スイカ割りにはルールがあった?

    スイカと言えば『スイカ割り』を連想する方も多いのではないのでしょうか?そんな『スイカ割り』にはなんと!?農業協同組合(JA)が設立した『日本すいか割り協会 』(Japan Suika-Wari Association)が決めた公式ルールがあるそうなのです。スイカ割りにルールがあるなんてビックリですよね。そのルールを紹介しようと思います。

    ・すいか割り公式ルール
    JAみちのく村山「すいか割りのルール」参考)

    第1条

    • 競技場所はどこでもいいが、『砂浜』又は、『芝生の広場』が最適
    • スイカと割る人の間の距離は、5m以上7m以内

    第2条

    • 棒は直径5cm・長さ1m20cm以内
    • 目隠しは、手拭またはタオルを使う
    • スイカは『日本国産すいか』を使う

    第3条

    • 競技者は『スイカを割る人』(1名)『サポーター』(複数名)1組
    • 『サポーター』に関しては的確なアドバイスを出さなければならないため、『サポーター』声をしっかり確認すること
    • 『審査員』となるものはスイカが大好きなことが条件である。また、公正な道徳心を持つ健康な人
    • 『審査員』は以下の設問に3問以上答えられるものとする
      1. スイカの一番甘い部分はどこか?
      2. スイカの水分はどのくらい?
      3. おいしいスイカの見分け方は?
      4. スイカの種ってどのくらいあるか?
      5. スイカの原産地は?

    第4

    • 『審判員』は、距離や用具の確認を行う
    • 割る人の目隠しを確認、その際に相手チームのキャプテンを同席し了解を得る
    • フォーメーションローリング(スタートする時の回転)を行う
      ※回転方向は右回りで、回転数は5回と2/3回転とする

    第5

    • 『割る人』の持ち時間は1分30秒とする
      また、『審査員』は、競技終了30秒前10秒前に報告を行う
    • 『サポーター』からのアドバイスは、以下の行為を禁止する
      1. 競技と無関係なもの
      2. 競技者を傷つけるような言動
      3. すいかの真後ろに立って「私の声のする方へ」という指示
    • 1人の競技者が終了後第6条により勝負の判定を行う。
    • 勝負の判定が終わり次第、相手チームとスムーズに交代

    第6

    • 『スイカ』に当たらなかった場合、時間内に3回まで棒を振ることが出来る
      以下の点数表を参考に裁判員が点数をつける
      点数 『スイカ』の状態
      0点 空振り
      1点 『スイカ』当たった
      2〜4点
      (※状態による)
      『スイカ』ひび割れができた
      5〜10点 『スイカ』赤い果肉が見えた

     

    ・あとがき

    いかがでしたでしょうか?スイカ割りに点数や使用する道具の指定などがあるとは思いませんでしたね。もし、『スイカ』割りをする機会でもありましたら、この記事を思い出してみて下さいね。