仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』これを読めばちょっと物知り!国分町PICK UP! - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.128は8月15日(水)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    CLUB ARROW

    橘 千夏

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    プライベートレッスン

    ユン

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    これを読めば、ちょっと物知り!国分町PICK UP!

    飲んでますか?仙台の繁華街として有名な国分町。 では、なぜ国分町はこれまでに栄えることができたのでしょうか? 今回の特別記事 モモペディア スペシャル版は、 国分町の歴史やグルメについてまとめてみたいと思います。

    国分町の歴史

    名称の由来は?

    江戸時代が始まって間もない1601年、 伊達政宗は新しい仙台城下町の町づくりに着手しました。 当時、陸奥国分寺の門前には国分日町という町があったのですが、 そこの住民を1605年ごろまでには、 国分町に移住させたそうです。

    江戸時代の国分町

    現在の国分町は大衆的な歓楽街ですが、 江戸時代の国分町は、芭蕉の辻に隣接する、 仙台の中心的な商店街でした。 また、奥州街道沿いに町をつくったので、 現在の広瀬通よりも北側は 商業の町でありながら宿場町的な感じでもありました。

    池鯉鮒 首夏馬市(ちりゅう しゅかうまいち)

    ちなみにこの絵は、江戸時代の浮世絵師、歌川広重が、 東海道の53の宿場、東海道五十三次を題材にした同名の連作の一つ、 「池鯉鮒 首夏馬市(ちりゅう しゅかうまいち)」です。

    国分町グルメ

    国分町発祥の食べ物!

    牛タンの写真

    第二次世界大戦後、仙台にもGHQが進駐した際、 大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンとテールを有効活用するために、 1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「味太助」初代店主・佐野啓四郎が、牛タン焼きの専門店を開業。 佐野はこれが「仙台牛タン」の元祖だと自信を持っていますが、 新規参入業者と見解の相違が生じているようです。 仙台牛たん振興会はイメージダウンにつながるとして米軍の残り物説を全面否定しています。

    国分町発祥のカクテル

    レゲエパンチの写真

    国分町発祥のカクテルで「レゲエパンチ」がある。 酒の苦手な女性のために作ったカクテルで、 その飲み口の良さや簡単な製法がうけ、国分町で広まった。 短時間で非常に知名度の高い飲み物となる。