仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』ナッツの女王、ピスタチオの栄養分に注目してみた - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.128は8月15日(水)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    CLUB ARROW

    橘 千夏

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    プライベートレッスン

    ユン

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:ジント兄さん

    ナッツの女王、ピスタチオの栄養分に注目してみた

    カテゴリ:食べ物

    2014-05-31

    あいさつ

    ミックスナッツに殻がついたナッツが入っていることがありますね。たぶん、こう書いたのを読んで違う物を想像する人はいないと思います。あれ、ピスタチオっていうんですけど、初めてそれを食べたとき、わたくし、殻がついたまま食べるものだと思って、何これ、すごく硬くて食べにくい……と思いながら平然を装っていました。

    柏餅の食べ方を「皮を剥いて食べる」と聞いた男が、水が流れる川の方を向いて、皮がついたまま食べたという笑い話があります。ピスタチオを食べ方を「殻を剥いて食べる」と聞いたら、どっちの方を向いて殻がついたまま食べたら、笑い話になるのでしょうか?ついついそんなことを考えてしまいます。

    どうもこんにちは、ジント兄さんです。ピスタチオは、旧約聖書に登場するシバの女王が好んで食べたんだそうで、「ナッツの女王」とも呼ばれます。おいしいだけじゃなくて、栄養分も豊富なんだそうで、今回はピスタチオの栄養について注目してみました。

    まずは検索……

    まずは、「ピスタチオ 栄養」で検索してみて、目についた単語を片っ端からリストアップ。なかなか数が多いので、大雑把に分類して表にしてみました。

    表:ピスタチオに多く含まれる栄養(ジント兄さん調べ)
    脂質 ミネラル ビタミン 色素
    • フィトステロール
    • オレイン酸
    • リノール酸
    • カリウム
    • リン
    • ビタミンB1
    • ビタミンB6
    • ビタミンK
    • 葉酸
    • β-カロテン
    • クロロフィル
    • ルテイン
    • ゼアキサンチン

    他には、食物繊維も多く含まれています。

    脂質

    脂質というのは、摂りすぎると肥満をもたらしがちなやつです。しかし、脂質イコール、カロリーが高くて太る、だから摂らないというのは、あまりにも単純な考えです。

    脂肪酸(オレイン酸とリノール酸)

    脂質といえば、脂肪酸!……と言い切っちゃって良いのかどうかは筆者の理解が不足しているため、なんともいえませんが、脂肪酸はいくつかに分類されます。

    • 飽和脂肪酸
    • トランス脂肪酸
    • 一価不飽和脂肪酸
    • 多価不飽和脂肪酸

    飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸を3:4:3の割合で摂取するのが望ましいとされます。ピスタチオに多く含まれるオレイン酸は一価不飽和脂肪酸、リノール酸は多価不飽和脂肪酸です。

    NDL/FNIC Food Composition Database Home Pageというサイトに、ローストした塩つきのピスタチオの栄養価が載っていたので、その脂質の部分だけを抜粋します。

    表:ピスタチオ100グラムあたりの栄養価
      グラム 脂質の中の割合 備考
    脂質 44.82g 100%  
    飽和脂肪酸 5.456g 12%  
    一価不飽和脂肪酸 23.676g 53% うちほとんどがオレイン酸
    多価不飽和脂肪酸 13.448g 30% うちほとんどがリノール酸
    トランス脂肪酸 0.000g 0%  
    脂肪酸合計 42.58g 95% 残りの5%は何?

    私たちの日常の食生活の中では、飽和脂肪酸やリノール酸を摂り過ぎる傾向にあります。そのような状況においては、ピスタチオのオレイン酸の割合が高めというのは、ちょっとうれしいバランスなのではないかと思います。

    フィトステロール

    フィトステロール。コレステロールとステロールが一緒です。どちらもステロールの仲間です。コレステロールは動物由来の脂で、フィトステロールは植物由来の脂です。

    腸の中に、ミセルと呼ばれる、コレステロールを取り込んで腸の管に吸収させる役目の物質があるのですが、ミセルはフィトステロールも取り込みます。コレステロールとフィトステロールはライバルのようなもので、要するにフィトステロールはコレステロールの吸収を抑制します。

    コレステロールの豆知識

    腸で吸収されるコレステロールの8割は肝臓で生成されたもの。残り2割は食物に含まれているものです。

    ミネラルとビタミン

    鉄、銅、ビタミンB6、葉酸

    ピスタチオは鉄分を多く含みます。鉄分が足りないと貧血を起こすというのは、よく知られていますが、鉄分だけ多くとっても、銅、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸がないと、うまく血を作れません。ピスタチオはビタミンB12以外はバランス良く含んでいます。ビタミンB12は極度の偏食でもないかぎり不足することはないでしょう。

    また、ビタミンB6は、肝臓に脂肪がたまるのを抑えます。肝臓に負担をかけがちな飲兵衛さんには嬉しいですね。

    リン

    ピスタチオはリンも多く含みます。私たちの日常の食生活の中では、リンを摂り過ぎる傾向にありますので、あまり嬉しくないでしょう。リンを摂り過ぎるとカルシウムが吸収されにくくなります。まぁ、これが問題になるほどピスタチオを食べ過ぎるというのは、なかなか難しいんじゃないかと思います。

    ルテインとゼアキサンチン

    毎日パソコンのモニターと睨めっこ。光の三原色のうちの青い光が目に負担をかけます。ピスタチオに多く含まれるルテインとゼアキサンチンは、目の表面で青い光を吸収して、目の奥の細胞にダメージを与えるのを防ぎます

    感想

    一年をとおしてだいたい貧血気味、お酒大好き、パソコン大好き、そして最近お腹が出てきた……そんな筆者にとって、ピスタチオはピッタリな食べ物だと思いました。ただやっぱり、殻を剥くのがめんどくさいかな……。

    と思っていたのですが、この記事に載せる写真を撮るためにセブン-イレブンで買ったピスタチオの小袋、昨日、家に持って帰って食べたら、以外と面倒くさくなかったです。そして偶然なのかピスタチオのお陰なのか、何だかよく眠れたので、これがピスタチオのパワーなのかどうか、ピスタチオを食べるのをちょっと続けてみようかなと思います。


    ピスタチオについて、もっと栄養以外の、何か面白いことを書こうと思って色々インターネットで調べてみましたが、残念ながら面白く書けそうなことを見つけることができませんでした。しかしピスタチオには何の罪もありません。もしもこの記事を最後まで読んでくれた方の中に、ピスタチオについての面白い事実を知っている方がおりましたら、ぜひ教えていただきたいなと思います。