仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』アクアリウム - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.130は10月15日(月)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ROYALCLUB NEO

    大咲 樹

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ディーノ

    ユノ

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:エロロ

    アクアリウム

    カテゴリ:動物

    2014-07-01

    エロロです。私エロロ、アクアリウムという趣味がありまして、淡水魚を飼育しています。うちの会社でもこのアクアリウムに興味をもってる方が多く、最近ではピョコスさんも飼育を始めたとツイッターでつぶやいておりました。さて、今回はそのアクアリウムについてまとめてみたいと思います。

     アクアリウムとは

    まず、アクアリウムとはなんぞやって方もいるでしょう。アクアリウムとは水生生物の飼育設備の言葉を表す言葉でして、要は大型小型関係せずに、水槽内で飼育・水草などを栽培することを一般的にそう呼びます。

    似たような物として、陸上の生物を飼育するテラリウム。水陸混在させたアクアテラリウムなんていうのもあります。ちなみにこのアクアリウムを趣味にする人たちなんかはアクアリストなんて呼ばれたりすることもあります。

    アクアリウムと一概に言っても、細かくわけると海水水槽・淡水水槽・汽水水槽と分ける事ができます。どのような環境の生き物を飼育するかによって水槽に関わる設備など大きく変わります。

    例えば、この時期ですと各地でお祭りが開かれると思います。そのお祭りで捕まえた金魚を飼育する方もいると思いますが、金魚鉢なんかで育ててれば立派なアクアリウムなんです。

    その他簡単に飼育できるものですと、めだかなども魅力的な生体です。金魚に負けず種類が豊富で、1匹で10万円以上の値がつくこともあります。その種類は200種を超えているともいわれています。

     淡水水槽・海水水槽の特徴

    淡水水槽

    海水に比べて地味な印象をもたれることが多いとは思いますが、大きな特徴として水草を育てられることがあげられます。生体では上層が好きな種類、中層、下層が好きな種類や群れる種類など生態系の特徴が顕著に現れるのが淡水水槽の面白いところだと思います。

    海水水槽

    一番の見所は見栄えするというとこだと思います。カラフルで色鮮やかな熱帯魚が多い分淡水にはない美しさを堪能することができると思います。また、珊瑚やウミウシなど面白い生体を飼育できることも魅力的だと思います。

    一個人の考える特徴なので偏りがあるかもしれませんがエロロはこう考えます。

     アクアリウムの魅力はなんなのか?

    興味を持つきっかけになっているものは人それぞれだと思いますが、水槽内を自分で創造するという楽しみこそが一番の魅力だと思っています。淡水水槽で例えると、レイアウトを考える所から始まり、どんな水草にするのか、何を飼育するのか。実際に水草を育てて、イメージした景観に近づける嬉しさや満足感が魅力だと思います。その作り上げた環境で自分好みの熱帯魚を飼育する楽しさは一言では言い表せません。

    今後はアクアテラリウム、テラリウムなどについても記述してみようと思います。