仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』『仙台七夕まつり』に行こう!! - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.130は10月15日(月)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ROYALCLUB NEO

    大咲 樹

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ディーノ

    ユノ

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:マーシ

    『仙台七夕まつり』に行こう!!

    カテゴリ:未分類

    2014-08-02

       こんにちは、マーシです。

    そろそろ『仙台七夕まつり』もあと数日で開催ということで、

    『仙台七夕まつり』について紹介していこうと思います。

    ・『仙台七夕まつり』とは?

    江戸時代の初め、婦女の文化向上目的で『伊達正宗』が推奨し年中行事となったといわれていますが、詳細は不明だそうです。その後、昭和2年(1972年)に不景気を嘆いた商店街の有志達により、大規模な七夕飾りが復活したそうです。

    次の年の昭和3年(1973年)には旧暦開催日新暦日付の現在の開催日8月6日〜8日に開催することにしたそうです。また、『飾り付けコンクール』が開催され豪華な飾り付けがされすようになり、この年は『仙台七夕が復活した日』とされているそうです。

    戦後の昭和21年(1946年)の8月6日〜7日、10年ぶりに七夕祭りが開催されました。仙台空襲により焼け野原となった街に52本の竹飾りが飾られたのです。当時の新聞(昭和21年8月7日河北新報)には『10年ぶり"七夕祭り"涙の出るほど懐かしいと報じられたそうです。

    翌年の昭和22年(1947年)には昭和天皇が巡幸されました。巡幸沿道に5000本の大規模な竹飾りが飾られました。

    その後、昭和45年(1970年)には『動く七夕パレード』や『仙台七夕花火祭』が始まったそうです。

    ・『七夕』飾りの意味とは?

    短冊

    短冊に字を書くことで、学問書道手習いなどの上達を願うもの、中国の五行説(古代中国の自然哲学の思想)というものから赤、青、黄、白、黒が使われていましたが、今現在は青、赤、黄、白、浅黄、紫が多いようです。

    千羽鶴

    長寿シンボルでもある折鶴。七夕飾りとしても用いられており、家の年長者の年の数だけ折鶴を作り、長寿を願いました。折り方を習うことで、人に教わる心や人に教える心を学ぶそうです。

    投網(とあみ)

    魚を取る網をかたっどており、豊作・豊漁祈願食べ物に困らないようにという意味合いもあるそうです。また、幸運を寄せ集めるという意味も含まれているようです。

    吹き流し

    飾り付けの主役ですね。七夕といったらこれをイメージする人が多いのではないのでしょうか?吹き流しは織姫の織り糸を象徴しており、昔の織糸をたらした形をしています。一番上にはくす玉を飾り付けます。

    屑籠(くずかご)

    七夕の飾りを作り終えた、紙屑を入れたもの。物を粗末にせず役立て使用することで、清潔と倹約の心を育む意味合いがあるそうです。

    紙衣(かみごろも)

    神様にささげるため棚機女(たなばたつめ)織ったとされている衣で、七夕の竹の一番上に吊るすことが習わしだそうです。また、昔は母や師に教わり、裁縫の腕が上がるように願いながら縫われたそうです。

    巾着

    巾着は昔、お金を入れておき腰に下げたもので、富貴(財産を持ち、身分が高いこと)を願い節約や貯蓄の心を養ったそうです。また、しっかりと紐で結ばれており、無駄遣いを戒めているそうです。

    ・あとがき

    いかがでしたでしょうか?『仙台七夕まつり』には多くの歴史があり、その長い歴史の中、続いてきたということは多くの人に好かれ・親しまれたからではないのでしょうか?