仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』ラムネ - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.130は10月15日(月)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ROYALCLUB NEO

    大咲 樹

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ディーノ

    ユノ

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:エロロ

    ラムネ

    カテゴリ:食べ物

    2014-08-12

    エロロです。毎日暑いですね。お祭りやイベントに欠かすことのできない、日本人に愛される飲み物の代表として「ラムネ」があります。このソウルフードならぬソウルドリンクとも呼べるべき飲み物ラムネ。今回はそのラムネについて調べてみようと思います。

     

     何故ビー玉が入ってる?

    ラムネと言えばビー玉ですよね。飲み口付近にあるビー玉ですが、飲みづらいと感じた人も多いはずです。ではなぜこのビー玉が入っているのでしょうか。調べてみたところ。ビー玉は「栓」をするために必要だということでした。単純に炭酸が抜けないためということです。ラムネは今から150年程前にイギリスから日本に伝わったとされています。当時はコルクで栓をしていたそうですが、時間が経つと炭酸が抜けてしまうという問題点があったそうです。そこで、炭酸が抜けない栓としてビー玉を用いた封栓の方法が考えられたと言われています。その後、王冠など生産性・密閉性の高い封栓技術が出てきますが。今でもビー玉の採用がされているのは封栓技術の名残だということです。

     

     様々な種類のラムネ!

    上でも書いたように、近年では様々な種類のラムネがあります。一般的なメロン、イチゴ、ブルーペリー、パインなどフルーツ系のフレーバーのものから、変わったものとしてはカレー、コーンポータジュ、キムチ、ラー油、たこ焼きなど挑戦的なフレーバーも出ています。

    ハタ鉱泉株式会社さんが出しているラムネでとても面白い商品があります。それは「クレパス風ラムネ」。どのようなものかというと、小さい頃に誰もが一度は使ったときのある「サクラクレパス」。そのサクラクレパスがラムネになったという企画商品。ラムネのパッケージはサクラクレパスの懐かしいデザインを採用し、クレパスの色を様々なフレーバーの色で再現。とても興味の惹かれる商品です。

    ハタ鉱泉株式会社 クレパス風ラムネ

    http://www.hata-kosen.co.jp/intro/211.php

     

     海外での評価は?

    海外の人がラムネを飲んだということをまとめたサイトや動画が多数あげられています。それを見てみると、ラムネ自体の味は賛否両論のようです。やはりその独特の形状や、開け方について興味が湧くようです。それだけではなく色々な種類の味があることに驚くそうです。

     GIGAZINE-
     日本の「ラムネ」を海外の人が飲むとどんな反応を見せるのか?

     

     あとがき

    ということで、今回はラムネについてまとめてみました。やはり、ラムネは日本が世界に誇れる清涼飲料水であることに間違いはないと思います。ラムネは子供のおやつという感じですが、未だ大人の方にも愛されているはず。いくつになってもラムネの開栓などは胸が高鳴るものだと思います。ラムネが主役のこの季節。童心に帰ってラムネの良さに浸ってみてはいかがでしょう。