仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』【納豆】歴史編 - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.130は10月15日(月)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ROYALCLUB NEO

    大咲 樹

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ディーノ

    ユノ

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:マーシ

    【納豆】歴史編

    カテゴリ:歴史

    2014-09-13

       こんにちは、マーシです。

    以前、納豆について栄養や効能につての記事を書いたのですが、

    今回は納豆の発祥や歴史につて書いていこうと思います。

    ※前回の記事が気になる方はコチラ ⇒ 食と性【納豆】

     納豆の始まり

    納豆がどのようにして誕生したのかについては諸説あり、中国大陸からの伝来説・たまたま条件が重なりできたとされる自然発生説日本の稲ワラには納豆菌が豊富に付着しているとされているので、自然発生説も可能性としてはあり得るようです。)などなど、定説がありません。

    最も古い記録とされているのが、平安時代の学者藤原明衝によって書かれた『新猿楽記』。その中に好きな食べ物として『塩辛納豆』が書かれているそうです。この(※右の画像塩辛納豆(寺納豆)とは、煮た大豆を麹菌をまぶして塩水で発行させ乾燥させものだったようです。塩辛納豆は私達の知っている納豆とは異なり、糸が引かないものだったようです。(この時、糸が引く納豆があったのかどうか?は不明)

     お寺と納豆

    次に納豆名前の由来について書いていこうと思います。これも明確に分かっていないようですので有力とされる説を紹介していきます。納豆は僧侶が寺院の年貢や金銭、布施を扱う場所、納所(なっしょ)で作られていたことや所でを壺にめて保存していたことなどから由来するといわれています。

    では、なぜ僧侶が納豆を作っていたのでしょうか?

    それは、仏教では肉食を食すことを禁じていたからのようです。そのため、僧侶たちはタンパク源を摂ることが難しかったため、豆は貴重なタンパク源だったようです。『大豆は畑の肉』などと言いますが、昔の僧侶にとっては、本当に肉のような食べ物だったのかもしれません。

     あとがき

    日本に馴染みのある食べ物なので発祥や由来などが解明されているものなのかと思っていましたが、まだ解明されていない部分も多いということが調べてみてわかりました。以外にそういったもののほうが身近に多いのかもしれません。