仙台デリヘル・宮城風俗情報『桃色ブンブン』世界のエロい地名の場所を詳しく調べてみた - モモペディア

桃色ブンブンは、東北エリアの風俗・仙台を中心としたデリヘル情報を紹介するデリバリーヘルスポータルサイトの決定版です。

掲載エリア宮城全域・仙台・石巻・県北
月刊桃色ブンブン最新号Vol.130は10月15日(月)発行
  • 地図から探す

    仙台 石巻 県北 福島県 秋田県 青森県 山形県
  • 情報誌BunBun大好評!

    国分町総合情報誌
    BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ROYALCLUB NEO

    大咲 樹

    無料定期購読


    宮城デリヘル情報誌
    桃色BunBun
    毎月15日発行

    COVER GIRL
    ディーノ

    ユノ

    無料定期購読


  • 桃色ブンブン モバイル版

    いつでも

    モモブン!!

    i-Phone・Android

    携帯3社対応
    docomo・au
    softbank

    QR読取アクセス

    携帯でも宮城・仙台のデリヘル選びは絶対にモモブンウェブで決定!出張族の方にもオススメ!今すぐアクセス!

  • 桃色ブンブン 電子書籍版

    お試し読み

    利用可能!

    iPhone・Android

    各メーカー
    タブレット端末

    税込100円

    定期購読したいが理由があって出来ない!雑誌が完売していた!など困った時は電子書籍版でチェックしよう!

  • メルマガ登録・解除

    購読 解除
  • モモペディア ―桃ブンスタッフの華麗なる調べものブログ―

    桃色ブンブンのスタッフが興味・関心をもったことについて調べブログ形式でお送りするコンテンツ。

    投稿者:ジント兄さん

    世界のエロい地名の場所を詳しく調べてみた

    カテゴリ:言葉

    2014-03-04

    はじめに

    ジント兄さんです。ちょっと前に、ペグさんが、世界のエロい地名という記事を書きました。私は地理が大好きなので、一つ一つのその地名を調べて、その場所のことをもっと詳しく知りたくなりました。というわけで、調べてみて面白いと思ったものをまとめて紹介いたします。

    キンタマーニについて本気出して調べてみた

    キンタマーニ高原は、すばり、バリ島の有名スポットです。たぶん結構有名だと思うので、この記事では詳しくとり上げません。ちなみにこの地方原産のキンタマーニ・ドッグという犬種があるそうです。もちろんメス犬でもキンタマーニ・ドッグです。

    黒と白、あなたはどっちのキンタマーニ?

    エロマンガ島について本気出して調べてみた

    エロマンガ島のことについては、ずばり、以下の記事が詳しいです。

    処女湖について本気出して調べてみた

    処女湖とは、ずばり、滋賀県高島市にある淡海湖という人工的に作られた湖(ため池)の別名です。高島市は滋賀県の琵琶湖の北西側にあります。大正時代に、農地に水を供給する目的で、つまり灌漑(かんがい)用に、この湖は作られました。

    淡海湖には、タンカイザリガニと名付けられた、この湖特有の種類のザリガニが生息しています。高島市ではこのタンカイザリガニの生息を保護してきました。しかしその後、タンカイザリガニがウチダザリガニと同種であることが判明。ウチダザリガニといえば、阿寒湖のマリモを食べるなど、元々の生態系を損ねる危険があるという理由で特定外来生物に指定されている種です。自治体で何十年もみんなで守ってきたザリガニが、駆除の対象だったなんて……。その時のショックはさぞ大きかったことでしょう。今でもタンカイザリガニの駆除は、地元の反対が強く、行われていません。

    スケベニンゲンについて本気出して調べてみた

    スケベニンゲンは、ずばり、オランダのリゾート地です。ヌーディスト・ビーチもあります。カタカナで最も近い発音の書き方をするとスヘーファニンゲンですが、スヘフェニンゲンと表記するのが一般的です。でもスヘフェってすごく発音しにくいですね。

    東京の銀座に、南イタリア家庭料理の店 銀座スケベニンゲンというお店がありますが、店名の由来は、このオランダの地名とのことです。オランダの地名なのにイタリア料理店なんですねー。ホームページを見る感じでは、結構こだわりがある本格的なお店という印象です。

    珍小島(ちんこじま)について本気出して調べてみた

    珍小島は、ずばり、北海道の洞爺湖に浮かぶ島です。洞爺湖というと、湖の真ん中に大きな島があって、ドーナツのような型になっています。その真ん中の大きな島は中島という名前で、珍小島ではありません。珍小島は、洞爺湖の湖畔の近くにあり、湖畔とつながっている半島のような小さな島です。

    珍小島のように、岸と陸続きになった島のことを、陸繋島(りくけいとう)といいます。島と岸の距離が近いと、その間の部分は波が穏やかになります。波が弱いと砂が積もりやすいので、いずれ、島と岸が陸続きになります。この砂が積もった部分を、砂州(さす)といいます。函館山江ノ島も、同じようにしてできた陸繋島です。

    珍小島の島本体と砂州の部分の形がチ○コの形に見えたら、もっと面白いのですが、残念ながらそこまでではありません。(面白いなんて言ったら、珍小島地区の住民に失礼でしょうか。)

    ボイン川について本気出して調べてみた

    ボイン川は、ずばり、アイルランドにある川です。ケルト神話に登場するボアーンという女神の名前に由来します(ボアーンさんはやっぱり巨乳だったのでしょうか?)。ボイン川の周辺には歴史のある町や遺跡が多いです。

    1688年、イギリスで名誉革命が起きました。ボイン川の河畔は名誉革命に関係する戦いの舞台にもなっています。ユリウス暦の1690年7月1日にボイン川河畔で行われた戦いを、ボイン川の戦いといいます。ユリウス暦の1690年7月1日は、現在のグレゴリオ暦の7月12日に相当しますが、7月12日に一番近い月曜日が、北アイルランド地方の祝日となっています。

    マンコカパックについて本気出して調べてみた

    マンコ・カパックは、ずばり、クスコ王国の初代国王です。現在の南米ペルーのあたりに、昔、インカ帝国という国がありました。そのインカ帝国の前身が、クスコ王国です。マンコ・カパックはケチュア語で、素晴らしき礎(いしずえ)という意味です。一説では、王に即位する前は、アヤル・マンコという名前だったらしいです。

    マンコ・カパックに関するトリビア

    あとがき

    淡海湖がどうして処女湖と呼ばれるのか?なんとか考察を交えて書きたいと思っていました。しかし、ちゃんとした考察を書くには、どうやらロマン主義という思想について深く勉強しないといけないのかな?と思いました。処女湖と名付けた人は、大正ロマンあふれる名前としてつけたのではないか?という話を見つけたのですが、それが本当かどうか判断する知識を残念ながら私は持っていません。いちおう、ちょっとだけロマン主義について勉強してみたのですが、ロマン主義と湖の関係性についてだけで、たぶんこの記事より長い文章になりそうなので、断念しました。もっと精進します。